Staff Interview

CHEESE KITCHEN RACLER銀座店 所属  横尾陽佳  2018年4月入社

私自身が「行ってみたい」と思えるお店だった

高校生の頃に飲食店でアルバイトしていたこともあり、その頃から「人と接する仕事」に魅力を感じていたので入社を決意しました。

MYUのお店はデザインが魅力的でそれぞれのコンセプトもわかりやすく、私自身が「行ってみたい!」と思えたことが一番の大きな理由です。もちろん働く上での条件など、私の希望とマッチしたことも大きいですが。

「人と接する仕事」を選んで良かったと思います

私が勤務する「CHEESE KITCHEN RACLER銀座店」は、「本当に美味しいチーズ料理をもっと気軽に」というコンセプトのお店です。
ラクレットという大きなチーズを専用のオーブンで温め、トロトロになった部分をお客様の目の前でご提供する料理を中心に、世界のチーズを使用したいろいろな種類のチーズ料理が楽しめるチーズ専門店です。

毎日多くのお客様にお店をご利用いただいていますが、看板料理のラクレットをお客様の目の前で提供するとき、本当に皆さんに喜んでいただいてます。
お客様に喜んでいただけると、モチベーションが上がりますね(笑)

常連様に顔を覚えてもらったり、サービスを通じてお客様からお褒めの言葉を戴いたりすると、改めて「人と接する仕事」を選んで良かった、と思います。

入社からまだ間もないので、まだまだ分からないことや出来ないことがたくさんありますが、私のお店は、店長をはじめスタッフ皆に「何でも聞きやすい」雰囲気があるのでとても助かってます。わからないことは丁寧に教えてもらえるので、毎日安心して働くことができています。

チャレンジできることは全部やってみたい!

私たちの仕事は、けっして「ひとりでは成り立たない仕事」だということを改めて学びました。キッチンとフロアの連携はもちろん、フロアのサービススタッフ同士も、お互いの状況を観察しながら、お互いにサポートし合って協力することで、お客様に喜んでいただけるサービスが提供できるのだと思います。

これから学ぶべきことはたくさんありますが、自分がどこまで頑張れるか?いろいろと新しいことにも挑戦したいですね。

チャレンジできることは全部やってみたい!と思っています。

職場の環境は大切。何でも気軽に質問できる雰囲気がある。

仕事をする上で、やはり職場の環境はとても大事だと思います。わからないことを丁寧に教えてもらえるような環境や、何でも気軽に質問できる雰囲気がMYUのお店にはあると思います。
一緒に働くスタッフとの相性も重要だと思いますが、私は恵まれているなぁ(笑)と思っているので、店長はじめ周りのスタッフ皆に本当に感謝しながら働いています。

MALT BAR DEN表参道 所属  浮谷麗央  2018年4月入社

自分の可能性を広げられる会社だと思いました。

学生の頃に小さなBARでアルバイトをしていたこともあり、その頃からお酒に対する興味や、BARで働く楽しさを感じていたので、自分はBAR業態のある会社に就職しようと考えていました。
MYUはBAR業態も含めていろいろな業態があり、どこのお店もお洒落なデザインなので興味を持ちました。
いろいろな業態があるということは、自分がしっかりと経験を重ねていけば、新たなジャンルにも挑戦できるのでは?と考え、自分自身の可能性を広げられる会社だと思い入社を決意しました。

毎日必ず1個の目標を掲げて仕事をするようにしています。

私が勤務する「MALT BAR DEN表参道」は、1996年にOPENしたMYUの中でも古株のお店です。MALT WHISKYを中心に、豊富なカクテルなどこだわりの飲料とともに、お酒と相性の良いさまざまな料理を楽しめるお店。
表参道駅からとても近いので、終電ギリギリまでご利用いただくお客様も多いですね。

私は、毎日必ず1個の目標を掲げて仕事をするように心がけています。
たとえば、「今日はこのお酒をおすすめしてみよう」とか「お客様との会話の中で絶対に笑わせよう」(笑)とか、自分自身に目標を掲げることによって、常にベストを尽くせるような気がしています。
目標を達成できれば達成感を味わうことができますし、あまり納得がいかない結果だったとしても、何故出来なかったのか?を振り返ることによって次に繋げるヒントを得ることが出来るので、毎日楽しく仕事しています。
一生懸命頑張った結果、お客様から「ありがとう」という言葉をもらえると、すごく「やりがい」を感じます。

お客様への感謝の気持ちを忘れずに仕事をする。

このお店はとてもチームワークが良いと思います。お互いに助け合って、時には厳しく、時に楽しくと、メリハリがしっかりしているので、毎日楽しく緊張感を持って仕事をしています。表参道には系列のお店が多いのですが、他のお店のスタッフとも良くコミュニケーションが取れている会社だと思います。

私自身は入社するまで小さなお店で働いていたので、このお店で働くことになってから、今まで以上に視野を広げてサービスを行うことや、常にお客様から見られているということを強く意識するようになりました。先輩方からは、恐れず、自信を持ち、お客様への感謝の気持ちを忘れずに、毎日を大切にしながら仕事をするということを学びました。

目標に近づくためのヒントが必ずある。

まだ入社から間もないですが、まずは自分が任されている仕事に専念したいと思ってます。日々、多くのお客様にご来店いただいていますが、しっかりと自分を覚えていただき、お客様とのコミュニケーションを深めながら経験を重ねて、1人前のバーテンダーになれるように頑張っていきます。

飲食業界で働く方々は、皆さんいろいろな目標をお持ちだと思います。この会社には、目標に近づくためのヒントが必ずあると思います。自分自身がしっかりと目標を掲げることができていれば、それに対して周りの方がしっかりとサポートしてくれるので、そんな職場環境を求めている方におすすめできる会社だと思います。

DEN AQUAROOM AOYAMA 所属  岩永佑太  2017年9月入社

最初はライバル店だったMYUのお店

私は1年ほど前まで、実はMYU系列店の隣のお店で働いてました。
本当に隣同士なので、当時はまさにライバル同士。お隣なので、日々いろいろと意識しながら働いていましたが、少しずつ交流を重ねるうちに、MYUのスタッフの仕事に対する充実度やモチベーションの高さなどに憧れるようになり、MYUのお店へ転職を決意しました。

お客様からいただく「ありがとう」の言葉。
その時に「やりがい」を感じています。

MYUのお店は上司からの指示が主体のトップダウンではなく、現場の意見を軸に方向性を協議しているので、自分自身がお店の運営にしっかりと携わっているということを強く感じます。自分に任されていることが大きいので、それがプレッシャーにもなりますが、自分たちでお店を盛り上げていこう、という気持ちも強くなるので、私自身も含め周りのスタッフも自分のお店への愛情が強いのでは?と思います。
私が勤務する「DEN AQUAROOM AOYAMA」は、店内随所に大型の水槽を配置しており、日常では味わえない特別な空間をお客様にご提供しています。お店の雰囲気から、特別な記念日や大切な方とのお食事にご利用されるお客様が多いので、サービスを担当する私たちも、程よい緊張感を持って日々サービス対応をしています。

お客様から「ありがとう」「美味しかったよ」「また来るね」などのお言葉をいただけた時に、最もやりがいを感じています。そんなときに、お客様に喜んでいただける仕事に就いていて良かった、と思います。

仕事を通じて自分自身も成長できている

私はもともと初めて逢う方とのコミュニケーションには自信がありましたが、MYUのお店で働くようになってから、「コミュニケーション力」はもちろん、「人間力」にも磨きがかかったと感じています。私が勤務するお店は、大切な方との特別な時間を過ごすお客様が多いので、私たちの対応次第ではお客様の満足度も大きく変わってしまいます。事前にあらゆるシチュエーションを想定し、先読みし、心を込めてサービスする。
そんな仕事を通じて自分自身も日々成長できていると思います。

経営的な観点から見た計数管理や店舗全体の運営管理などは、まだまだ分からない部分が多々ありますが、店長をはじめ経験豊富な先輩にアドバイスを戴きながら日々勉強している最中です。

目標は「お客様にもスタッフにも愛される人間になること」

現在は店長の補佐役として日々勉強しながら働いていますが、まずは早く「店長」になりたいですね。お店の顔として、店舗を任せてもらえるような人材になりたいと思ってます。高い目標ではありますが「お客様にもスタッフにも愛される人間」になることが、私の一番の目標です。
お店では、体力的に厳しいときや精神的に辛いときもありますが、お店のスタッフ皆と一緒にチームとして協力しながら仕事ができる楽しみは飲食店ならではだと思っています。MYUのお店はどこもデザインにこだわりがあり、お洒落なお店が多く、お食事も美味しいので、興味がある方はぜひ一度MYUのお店で食事してみてください。
きっと「ここで働きたい!」と思えるお店が見つかるはずです。

CHEESE KITCHEN RACLER新宿 所属  池谷優芽  2018年4月入社

「こんな人たちと一緒に仕事したい」と思いました。

私がMYUに入社しようと思ったきかっけは、「働きやすさ」と「スタッフの人柄」です。最初はアルバイトとして働き始めましたが、飲食経験が全く無かった私に最初から丁寧に教えてもらえました。
仕事面だけでなく、個人的な悩みなど、精神面もサポートしてもらったこともあり、「こんな人たちと一緒に仕事したい」と思い、入社を決意しました。

お客様の喜ぶ顔を思い描きながら仕事をしています。

私自身、日々の勤務を通じていろいろな事を学んできました。笑顔で明るいサービスを提供することや、お客様に喜んで頂くサービスを提供することなど、飲食サービスの基本はもちろんですが、お客様に対する「心遣い」の大切さを改めて感じています。「こうしたらお客様に喜んでいただけるのでは?」とか、「こっちのほうがもっと嬉しいのでは?」など、お客様の喜ぶ顔を思い描きながらサービスをするようになりました。その結果としてお客様の笑顔に触れる機会が増えたように思います。
お会計の際に、お客様から「美味しかったよ」「また来ます」など、お店のことを褒めてもらえると、とても嬉しいですね。リピーターのお客様との会話も楽しいですし、そんな時に「この仕事を選んで良かった」と思います。

MYUのお店は「仲が良いチーム」だと思います。

MYUのお店を一言で表現するなら「仲が良いチーム」だと思います。
私が勤務するお店でも、スタッフ同士のコミュニケーションが良くとれていると思いますし、誰かがミスしたときでも皆でお互いをカバーする雰囲気があります。お休みの時はスタッフ同士みんなでご飯を食べに行ったり、遊びに出かけたりもします(笑)

サービスの力でお客様に来てもらえるお店にしたい。

まだまだ社員としての経験は浅いですが、自分の技術力、サービス力を上げて、どんどんリピーターを増やしたいと思ってます。自分のサービスを求めて来店していただけるお客様をつくることが今の私の目標です。周りのスタッフとも協力し合い、お店の料理はもちろん、サービスの力で、もっとたくさんのお客様に来店してもらえるようなお店にしたいですね。

この会社は飲食経験が無い方でも安心して働ける会社だと思います。スタッフは皆素敵な方ばかりなので一緒に働くことが本当に楽しいと思ってます。一度私たちのお店に来てもらえれば、その雰囲気は伝わると思います。
一緒に素敵なお店づくりをしてくれる仲間が増えると嬉しいですね。

CHEESE KITCHEN RACLER新宿 所属  池田裕太  2018年4月入社

「自分も一緒にお店づくりに携わりたい」と思いました。

私は、初めは「アルバイトでしばらく働こう」と思ってこの会社に応募をしました。日々仕事をしている中で、次第に料理長の人柄や、店長の熱意に惹かれるものがあり、「自分も一緒にこのお店を創っていきたい」と思うようになり、社員として働くことを決意しました。自分が尊敬できる方々と一緒に自分たちのお店づくりに携わり、自分もお店の支えの一部になれれば・・・と思ったことが大きな理由です。

皆で納得したことを前に進めて
「自分たちのお店づくり」をしています。

入社からまだ数ヶ月の私ですが、このお店は「ひとつのチームとしてまとまっているな」と思います。料理長、店長をはじめ、スタッフ皆でお店の事を考え、常に進化や変化を求め続ける。そして皆で納得したことを前に進めていく、そんな流れで自分たちのお店づくりを進めています。
この会社に入る前は、アルバイトスタッフの数が少ないお店で働いていたので、最初は多くのアルバイトスタッフを指導することに正直戸惑いましたが、若い子たちは皆活気があり、やる気もあるので、そんなスタッフへの指導を通じて私自身も成長できていると思います。まだOPENしてから半年のお店なので、まだまだ不慣れなスタッフも多いのですが、自分が指導したスタッフの成長を見ると、やりがいを感じますね。

「キッチンの仕事だけ」にとらわれない考え方が必要

どうすればお店全体が良くなるのか?店長やホールスタッフと、しっかり話をするようにしています。お客様に「また来たい」と思っていただけるお店にしたいと思っているので、キッチンだけでなく、お店全体を通して「良いお店」にしなければいけないと思います。そのためにも、キッチンの仕事だけにとらわれないような考え方が必要だと思います。ジャンルを超えた新しいことにもどんどんチャレンジしていこうと思っています。

良き仲間、良きライバルとして。

MYUのお店は、未経験の方でも一から丁寧に仕事を身につけることができる環境と、スタッフが揃っていると思います。皆でお店を盛り上げていくことが、良き仲間、良きライバルとして、お互いの成長に繋がると思うので、これからも皆で協力して自分たちのお店づくりを進めていこうと思っています。

CHEESE KITCHEN RACLER新宿 店長  松元大輝  2016年3月入社

飲食の魅力を教えてくれた会社。

私は最初、アルバイトでこの会社に入社しました。MYUのアルバイト勤務がサービススタッフとしての初体験でしたが、正直、当時の入社のきっかけは、ただ漠然とした「飲食業に興味がある」という程度でした。
ですが、アルバイトとして働く中で飲食の魅力にどんどん惹かれていきました。飲食の魅力を教えてくれた先輩方と一緒に働き、追い越していきたいと思うようになり、社員登用を志願しました。

段階的に成長出来る環境がある。

私自身、未経験からのスタートだったので、何から何までこの会社で学ばせて頂きました。最初は私がお客様に接するだけで、見ていた先輩達がドキドキしていたのを今でも覚えています(笑)
初めは自分自身のサービススキルを磨く事にがむしゃらでしたが、ポジションが上がる度に会社に求められることも変わり、今ではお店全体のサービスを構築し、磨いていく立場になるまで段階的に成長出来たと思います。
また、接客だけではなく、集客におけるマーケティングの考え方やスタッフに対してのマネジメント能力、飲食店経営の計数管理能力、会社に自身の思いを伝えるプレゼン能力など、社会人としてのスキルもMYUで学ぶことができました。
MYUはお客様をとても大事にしている会社です。日々の仕事を通じて、私たちの仕事の一つ一つがお客様を喜ばせ、また来たいと思って貰えるお店作りに繋がっていることを実感出来ると思います。
また、経営上での戦術面や計数管理面でも店長に任される部分が多いので、責任感とやりがいを強く感じることが出来ます。もちろんその分プレッシャーもありますが、自身の努力がお客様の反応や結果にすぐに影響しますので、日々の仕事が楽しく仕方がないですね。

同年代には職種を問わず負けたくない。

私は今、飲食店の店長なので、他業種の同年代と比べてもお客様対応やヒューマンマネジメント能力は自信がありますし、キャリアの早いうちから経営視点を身に付ける事が出来たこともあり、この仕事を選んで良かったと思っています。これまでは私も「若手」と言われていましたが、新卒社会人で言うところの5年目となり、他業種で活躍する同年代にはそれぞれ敵わない部分がたくさん出てきました。比較の部分が異なりますので、単純に勝ち負けが付けられないのは分かっているんですが、それでも「負けたくない」ですね。自分は負けず嫌いなので。(笑)
今後は分野を問わず自身に必要なチャレンジを恐れず、狙えるポジションは狙っていきたいです。
飲食業界だけではなく、どこへ行っても通用するようなビジネススキルを獲得していきたいと思っています。

働く環境も自身の成長も、どちらも大切。

働く環境も大事ですが、やはり自身の成長も大事です。MYUはその両方が叶う会社だと思います。MYUのお店はトップダウンではなくボトムアップでお店の方向性を協議しているので、スタッフ一人一人がお店づくりにしっかりと携わることができます。そんな雰囲気の会社なので、自分たちで職場の環境を整えることができますし、その取り組みそのものが自分自身の成長にも繋がります。今まではどちらかが叶わなかった方はもちろん、これから飲食で働く方や独立の前にもっともっと学びたい方にもお勧めできると思います。